京都大学大学院 工学研究科 建築学専攻 吉田研究室

 

博士論文

住宅および街路における犯罪に対する高齢者の不安感の研究 /安俊相 - 2011年度

'Knowledge Workers’ Space Use and Verbal Communication Behavior in Construction Companies Offices -Case Studies on Territorial, Non-territorial and Big Open Plan Workplaces- (建設会社のオフィスにおけるナレッジワーカーの滞在行動と会話行動の研究 −固定席、自由席ワークプレイス、大規模オープンプラン形式のワークプレイスでのケーススタディ) ' /張マ楠 - 2011年度

'Residents' Behavior in Room Use in Chinese Urban Apartment Houses -Case Studies on Elderly Couples and One-Child Families (中国都市部の集合住宅における居住者の部屋使用行動の研究-高齢夫婦世帯と一人っ子世帯を対象として)'  /屈小羽 - 2010年度

2012年度 修士論文

京都市中心市街地における高齢者の歩行経路と歩行時の休憩空間選択の研究             /水野聖也

2011年度 修士論文

中心市街地の歩行空間におけるベンチ・付帯空間構成要素の高齢者による感性評価          /友廣裕理

地域型商店街の催事・イベントを通した地域との関係形成の研究 ―京都市を事例として―       /猪野雄介

大阪市・京都市における「放課後子どもプラン」の活動領域と活動内容の研究              /澤田達哉

2010年度 修士論文

口コミテキスト、立地、外観から見た京都市中心市街地における飲食店舗の「隠れ家性」の研究  /大原洸

大学院生の執務中における会話・リフレッシュ行為による皮膚電位水準と疲労度の変化の研究  /國松英彦

経路探索時における交差点の視覚的要素に対する記憶
―GPSナビゲーションと紙面地図による記憶の相違― /田中裕輔

都市内農村部の開発の進行と城中村の発生の関係の研究
―1980年以降の中国蘇州市を対象として― /韓宇寧

2009年度 修士論文

京都市中心繁華街における歩行空間からの屋外広告物の見え方の研究 /石川真実

中国・合肥市と南京市における購買施設の選択と満足度の関係 /坂本尚朗

生活時間調査法に基づいたナレッジワーカーのワークスタイルの研究 /立岡優介

小学生の通学路及び帰宅後外出時の移動経路の空間的特徴の研究 /中村朋世

中国の住宅団地の住棟およびオープンスペースの配置・計画の変遷 −1980年以降の南京・合肥を対象として− /林暁恵

京都市中心市街地商店街店舗の存続・交替要因 −1991〜2009年を対象として− /福井章友

京都市旧市街地型美観地区の中高層集合住宅ファサードの構成要素の 感性評価−ラフ集合を用いた構成要素組み合わせの抽出 /孫銅華

自席での執務時におけるワーカーの覚醒度とその変化要因の研究 /河野直

京都市中心市街地 ・ 商店街の歩行空間における滞留の研究 /藤田桃子

Copyright (c) 2009- yoshida labo All rights reserved.